常に最高を目指して、進化を続けるクワバラオリジナルの新世代トータルグラスコーティング
常に最新バージョンをご提供していますCFKGX-7は、カーフレッシュ クワバラの オリジナル商品です。常に最高を目指して、進化を続けるクワバラオリジナルの新世代トータルグラスコーティング
常に最新バージョンをご提供しています。GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤

コーティングの歴史を変えた ボディ&ガラス&ホイール 一液でトータルコーティングシステム CFK GX-7シリーズ

ボディ ・ ガラス ・ ホイール ・ ヘッドライト ・ 無地のウレタン ・ プラスティック等、
ゴム製品以外のすべてに施工できる 外装専用「オールマイティータイプ」

おかげ様で、CFK グラスX「GX-7」の誕生(2013年6月)から早くも が経過しました。
開発当初、『誰もが満足する、今までに無い液剤を作る』を目標にクワバラオリジナル グラスコーティングの独自開発を続け、出来上がったグラスXは防汚性はもちろん、施工性でも他には無い超滑水型グラスコート剤です。

前に、一人の力だけでなく共にコーティング業界を発展させねばという思いで、CFK グラスX「GX-7」を全国の施工店様にご紹介したところ、貴重なご意見・ご要望等、たくさんのご提案をいただきました。そして皆さまのご協力を得て、お客様の満足度を第一に考え、施工店様の要望も取り入れたNew GX-7が出来上がりました。

「滑水力」に「滑り性」が加わり「レベリング性」も大幅アップ、最新のGX-7シリーズ!!

このバージョンアップでは、従来の表面張力と滑水力機能をもっと充実させる「滑り性」を追加し、艶と雨染み防止を更に強化した液剤になっています。ぜひ、皆さまにも体感して新機能にご満足いただきたいと思います。
GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤
GX-7の超滑水グラスコート(ボディ塗装面)
GX-7の超滑水ウインドコート(ガラス面)
  • オールボディ超滑水グラスコート
  • オールガラス超滑水ウインドウコート
  • ナンバープレート
  • ヘッドライト
  • 防汚ホイールコート
  • ドアミラー
  • プラスチック
ナノテク特殊表面構造の超滑水グラス被膜が
表面張力で汚れを寄せ付けない!
1台まるごと最強のコーティングがGX-7で完成。

進化するGX-7は
常に最新バージョンを
提供いたします。

カーフレッシュクワバラでは、
シンプル is ベストを目標に
日々研究開発を続け、
常に理想を追求しています。

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 GX-7(グラスXver.7 )の特徴

ケイ素だけで凹凸表面を作り出し弾かせる、汚れ知らずの魔法のコーティング

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 フッ素・シリコン(油)等は有機酸化物で、劣化すると同時にウォータースポットになることを実験で確認しています。汚れを防ぐためのコーティング剤等が汚れの要因になってしまうのです。

カーフレッシュクワバラでは、汚れの要因となる物質(有機物)を使わないコーティング剤の開発に取り組んできました。「CFK グラスX GX-7シリーズ」は、ナノサイズのおわん型アモルファシリカを形成する被膜表面で、蓮の葉のように水を弾くロータス効果を再現。
微細なおわん型突起の隙間に出来る空気の層により、水は表面張力で付着することなく異物を取り込んで転がり落ちます。表面張力+滑水力の機能で汚れ防止を実現した業界初のグラスコートです。さらに滑り性を追加し、艶と雨染み防止を強化しました。レベリング性も大幅にアップし、施工性も向上しています。全国のプロ施工店様にもご使用いただいています。

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤
ケイ素だけでつくる凹凸の被膜表面は汚れの要因にならない。
開発No.6-GX10
ボディ、ガラスにそれぞれ専用コーティング剤を使う必要がなく、一液で施工できる。特に透明性と相互への付着性、斑にならないことを重視し開発しました。防汚性、施工性、硬化時間の短縮も工夫を凝らして仕上げた施工のプロも納得の液剤です。

ガラスにも無機質のコーティングが可能になったため、ボディもガラスも汚れ知らずの最強グラスコーティングが実現!さらにヘッドライト・無地のウレタン・プラスティック等、ゴム製品以外のすべてに施工できる外装専用 「オールマイティータイプ」 です。
※一部施工できないホイールがあります

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 耐久性・ツヤ・レベリング性等他社に負けない自信作!
ガラス液剤は自然乾燥型で乾きが遅い性格・性質が欠点。
それを極限まで表面硬化時間を、短縮させふき取り&施工性能を改善・改良し、天候不順時にも対応できる工夫もしました。

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤

CFK グラスX GX-7は洗車が簡単ラクラク!!

マイクロファイバータオルで水洗い→拭き取りでOK!

マイクロファイバータオル + バケツ一杯の水


タオルをバケツの水に浸し、絞らずに全体を水拭きします。
その後固く絞ったタオルで水分を拭き上げ、15〜20分で洗車終了です。
CFK グラスX GX-7の表面張力+滑水力機能で、洗車も簡単になります。
弾きが弱くなったら洗剤で洗車すれば蘇ります。

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤
コーティング剤の自社開発にあたり、長年「汚れ無い」をテーマに重点を置き研究を続けてきました。3年前、驚きの新素材との出会いから希望を見出し、フッ素の弾きをガラスの表面構造で再現。硬い被膜で持続力があり表面が凹凸でお椀型、水玉の継続的な弾きと共に表面張力の働きで汚れを浮かせ滑り落とす「滑水型グラスコート」で汚れにくい構造に仕上げることに成功しました。続いて、従来のウインドウガラス撥水コートは有機溶剤で作られているため酸化・劣化し、その結果、最終的には必ずボディ&ガラスが汚れるという欠点がありました。そこで「一液でボディもガラスも施工できないか」との発想が浮かび上がり、ボディ用の性能をそのままに、ガラスにも対応できるよう改良を繰り返し、ボディ用とガラス用を1つにする研究・開発に没頭、最終目的であった液剤がついに完成しました! ボディ&ガラスに、施工性・ツヤ・レベリング性・防汚性どれをとっても他社製品に負けない自信作です。「コーティングの歴史を変えてしまう」想像以上の商品「CFK GX-7」の誕生です。

これまでの研究開発過程については、こちらからご覧になれます

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 グラスXの歴史

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤


現在、下記店舗の社長が頑張ってみえます。お近くの方はTELにて各店にご相談ください。

※施工価格等は店舗によって違いますので各店でご確認ください。
ガレージゼロ ガレージゼロ
〒672-8015 兵庫県姫路市八家1277-8
TEL 079-245-0955
カーピカランド タケウチ カーピカランド タケウチ
〒770-0005 徳島県徳島市南矢三町1-7-17
TEL 088-632-0888
サンフィルム サンフィルム
〒870-0108 大分県大分市三佐2110-1
TEL/FAX 097-523-2117
車輝(シャテル)リペア工房
〒033-0022 青森県三沢市大字三沢字堀口17-443
TEL 0176-54-3731
(株)トゥルーハンズ (株)トゥルーハンズ
〒860-0826 熊本県熊本市南区平田2丁目2-17
TEL 096-326-0002

(株)ハヤシ興産 アポロキティ (株)ハヤシ興産 アポロキティ
〒444-0826 愛知県岡崎市若松町字横手12
TEL 0564-55-3292
カーサービス・ピカッと 
〒610-0311 京都府京田辺市草内東垣内1-5
TEL/FAX 0774-68-5040
カービューティープロ・アプローチ カービューティープロ・アプローチ
〒960-0405 福島県伊達市一本木27-1
TEL 024-584-2708
(有)CBS (有)CBS
〒443-0007 愛知県蒲郡市神ノ郷町冷越13 -1
TEL 0533-69-9445
東海クリーン 東海クリーン
〒501-6035 岐阜県羽島郡笠松町円城寺864
TEL 058-387-8839
トータルカーケア・ムーブ
〒960-8218 福島県福島市高野河原下16-1
サンシティ信夫ヶ丘201
TEL 024-535-0690
ボディマジック ボディマジック
〒283-0066 千葉県東金市南上宿27-6
TEL 0475-52-5738

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 車を愛するすべての方に、GX-7を自信をもっておすすめします。

GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 新車
新車のボディを守る高性能コーティング。
GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 経年車
経年車もプロの磨きで輝きと価値が蘇る。
GX-7 GX7 グラスX 滑水 滑水コート 滑水コーティング 滑水コート剤 ビンテージ
デリケートなボディこそ高性能と高技術を。
PAGE TOP